1. HOME
  2. 採用情報
  3. 篠原 崇彦
篠原 崇彦

営業本部 営業企画室 カテゴリーマネジメント担当

篠原 崇彦
Takahiko Shinohara

革新的な仕事へ真摯に取り組み、業界の発展に貢献できる人間になりたい。

2009年4月新卒入社

志望動機を含めた入社経緯から教えてください。

志望理由の入口は「地元の茨城で就職したい」の想い。丸高商会以外でも、自動車のディーラーなど、様々な業種の企業にアプローチしたんです。それらの中で最も魅力に思えたのが、身近な商品のお菓子を扱う丸高商会。多くの人々に夢を与えられる仕事で面白そうだと直感しましたね。面接等で会社を訪れた際には、アットホームな会社だと理解しました。その頃はリーマンショックの影響もあり、いわゆる就職氷河期。学校の先輩から内定切りされたなどの恐い話も聞いていました。しかし丸高商会では、とてもあたたかく接してもらい安堵した記憶があります。自分と相性のいい会社だとも思いました。

篠原 崇彦イメージ

具体的な業務内容を教えてください。

篠原 崇彦イメージ

営業部での数年に渡る業務を経て、現在はカテゴリーマネジメントをメインの仕事をしています。加えて、携わらさせていただくお客様とのサプライチェーンの流れの中で「いかに無駄を失くせるか?」。そういうSCM(サプライチェーン・マネジメント)に取り組んでいるんです。また、「AIを使ってどれだけコストを下げられるか?」だったり「将来的に事業を成り立たせるものは何か?」を探っています。棚割分析も含め、多様な形でのお客様支援の業務も動き出した段階です。

仕事をしていて心がけているのは?

カテゴリーマネジメント担当として「営業部の仕事をどうフォローしていくか?」を常に考え、行動に反映するよう努めています。私の業務により、どれだけ営業マンの仕事にプラスアルファの要素を加えられるかが勝負。それがお客様のニーズに沿ったものでなければ、ウィンウィンにはなりません。各お客様のご要望をしっかり理解し、的確な提案をしていきたいです。

篠原 崇彦イメージ

仕事をしていて大変だと感じることは?

篠原 崇彦イメージ

私の提案したことが、お客様の意に沿わず、ズレてしまった時が心苦しいです。大変というより、悔しさや、お客様への申し訳なさでいっぱいになります。お客様の売り場を考える中で、丸高商会の達成すべき売り上げも実現しなければならない。そういうジレンマもあります。お客様が満足しても成功しなければ駄目ですし、逆に成功してもお客様がヘソを曲げてしまったら意味がありません。調整するのが難しい分、うまくいった時には大きな達成感を覚えます。

やりがいについてお話をお願いします。

AIを活用するということで、革新的な取り組みに携わることも大変ですし、やりがいにも繋がっています。私は学ばせていただく環境に身を置いている状況。これは本当にありがたいことです。AIを含めインプットできる部分をたくさんいただいています。私は「AIを仕事に落としこんだ時、今なら何ができるだろうか?」を考えていますが、そこを仲間の皆さんにどう伝えていくかが、やはり難しくもあり、同時に大きなやりがい。丸高商会はお菓子の問屋ですから、小売店様に貢献できるよう、新しい事業の舵取りができる人間になりたいです。

篠原 崇彦イメージ

仕事を通じて自身が成長できた点は?

篠原 崇彦イメージ

入社直後は漠然と目の前にある業務をこなしていく日々でした。今はゴールや目的を想定し、より深いイメージを思い描きながら仕事に関われるようになったと思います。今後の目標として、現在は特定の企業様との取り組みになっているカテゴリーマネジメントの動きを、さらに大きなものとして、いろいろなお得意先様に波及させたいです。これまで社内に存在しなかったマーケティングやAI技術の機能を導入し、新しいソリューションを積極的に提供していきたいと考えます。SCMを効率化させ、丸高商会の利益と同時に、業界全体が発展できる状況に持っていきたいです。

未来の仲間に求める点とは?

私自身が業務に目的意識を持つことで、仕事の捉え方や進め方が大きく変わりました。その意味でも、常に前向きで目的意識があり、何でも興味を持って取り組める方が丸高商会に向いてると感じますね。大変なことも多いですが、大変さの先にある消費者様の笑顔を感じられる意義の大きな仕事です。楽しんで働ける職場なので、お菓子好きだったり、物流に興味のある方は、どうぞ積極的に飛び込んでいただきたいと思います。

丸高商会・社員オススメ、私のフェイバリットお菓子!

フェイバリットお菓子

おもちのやきすぎ / 筑波あられ製造本舗

『おもちのやきすぎ』と私が出会えたのは、上司に同行して筑波あられ製造本舗様へ初めて伺った時。お米そのものの味が強く感じられ、とても美味しい。衝撃を受けました。「さすが茨城県の米菓メーカー!」と唸りましたね。ポリポリと噛み応えのある食感。醤油の味がしっかり濃くて、北関東の多くの人間を満足させる。そんな素晴らしい米菓です。

お菓子売り場のトータルプランナー / 株式会社丸高商会

0299-56-5757

〒315-0002
茨城県石岡市柏原1-9

上矢印