1. HOME
  2. 採用情報
  3. 土井 龍信
土井 龍信

営業部

土井 龍信
Ryuushin Doi

先輩のサポート業務で経験を積み重ね、頼られる存在に成長していきたい。

2018年4月新卒入社

志望動機を含めた入社経緯から教えてください。

大学時代、最初に就職を意識した時には都内の企業を考えていましたが、徐々に地元で就職したい気持ちが強くなりました。私はお菓子が好きでお煎餅もよく食べます。地元での就職を意識したタイミングで、学校から「石岡市にお菓子の卸売りの企業があるよ」と教えてもらい、興味を覚え、丸高商会にアプローチさせてもらいました。

土井龍信イメージ

具体的な業務内容を教えてください。

土井龍信イメージ

まだ私が入社して1年ということもあり、先輩のサポート業務が中心です。先輩の担当する店舗に伺い、任せてもらっている売り場のメンテナンスサポートをしたり、先輩にフォローしてもらいながら商談をしたりなどが、私の主な仕事になります。仕事をするうえで、正直、まだ何が正しく、何をするべきなのかは理解しきれていない部分も多いです。ですから、先輩の行動をできる限り真似して、同じように行動しています。心がけとして、私が重要視しているのは挨拶。伺う店舗様では、パートさんへも元気に挨拶するよう意識しています。

仕事をしていて大変だと感じることは?

やはり多くの知識がこの仕事には必要です。商品を全て覚えるのも大変ですし、地域や店舗様ごとでも商品展開が変わってきます。千葉県だったら地元の米菓が多く置いてあったり、東京ならインバウンド向けの商品が多かったり。商談の際には、それらの傾向を掴んだうえで出向かなければけません。私はまだまだ全商品を把握しきれていませんし、名前は知っていても深い部分へ理解が及んでいない商品がたくさんあります。そういった知識を深め、商談を円滑に進められる営業マンに早くなりたいです。

土井龍信イメージ

逆に嬉しいと感じる時は?

土井龍信イメージ

やはり商談で私からの提案がしっかり伝わり、お客様から「わかりました。買います」とご注文いただいた時が嬉しいです。自分がまだ入社2年目ということで、営業の基本を学び、どんどんお客様にとって有益な提案を行なえるようになるのが課題ですから、成果を得られた時に充実感を覚えます。スケジュール管理の面でも、計画した通りに進められた時は大きな喜びを感じますね。

社長はどのような人ですか?

私のような新人にも分け隔てなく、和やかに接してくださるのでありがたいです。一般的に社長という存在は、一般社員とは距離があるものですが、丸高商会はそうではありません。社長が気軽に話しかけてくださいますし、冗談を言って場を和ませてもくれます。社員全員をいつも気にかけてくださっているんですね。ですから社内の雰囲気もいいです。先輩方も優しい方ばかり。入社前、会社というのはもう少しギスギスしてるものだと想像していましたから、丸高商会に入社して、とても驚きました。

土井龍信イメージ

今後の目標・展望を教えてください。

土井龍信イメージ

今は先輩の下で働かさせてもらっていますので、教わったことは100%できるようになりたいです。商談の時は、こう展開していく。この商品の時はこうやって勧めていく。この地域ではこういう商品が喜ばれる。などなど。必要な知識をどんどん学び、吸収していきたいです。その繰り返しで先輩に少しでも近づけるよう努力していきます。営業マンとして早く独り立ちして、先輩方にもお客様にも頼られる存在になりたいです。

未来の仲間に求める点とは?

いつもニコニコ朗らか、元気がある方に入社してほしいと思います。今、私が先輩から指導していただいているように、次は私が先輩となって、入社してくる後輩の方々に頼られる人間になりたいです。店舗様、商品、営業ノウハウ。全ての面で知識を身に付けスキルを高め、未来の後輩社員と共に成長していきたいと思います。

丸高商会・社員オススメ、私のフェイバリットお菓子!

フェイバリットお菓子

蜂蜜揚 / 山中食品

私の担当エリアである千葉県をまわっていると、山中食品さんの『蜂蜜揚』をよく見かけます。それぐらい地域で浸透している人気の米菓。非常に美味しく、老若男女、地元の皆さんに愛されている商品です。お煎餅独特の醤油の美味しさがありながら、蜂蜜でコーティングされているので上品な甘さも感じられます。至高の「あまじょっぱさ」を味わえる一品です。

お菓子売り場のトータルプランナー / 株式会社丸高商会

0299-56-5757

〒315-0002
茨城県石岡市柏原1-9

上矢印